だいすけのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS [J第34節] サンフレッチェ広島 2-2 ガンバ大阪 感想

<<   作成日時 : 2007/12/02 12:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

結果サンフレッチェ広島 2-2 ガンバ大阪
得点者佐藤寿人(7)、バレー(27)、二川孝広(80)、槙野智章(89)
日時2007年12月1日 14:34キックオフ
場所広島ビッグアーチ
入場者数14,173人

ビッグアーチで観てきました。面白い試合でした。

広島ベンチのメンバーはGK木寺浩一、DF中尾真那、DF入船和真、MF遊佐克美、MF森崎浩司、MF柏木陽介、FW田村祐基。
スタメンは以下のメンバー。
GK下田崇
DF吉弘充志、槙野智章、盛田剛平
MF駒野友一、李漢宰、高柳一誠、高萩洋次郎、服部公太
FW佐藤寿人、平繁龍一

交代は54分に公太→遊佐
寿人→浩司
駒ちゃん→陽介
の交代がありました。



前節までに入れ替え戦行きが濃厚(と言うよりほぼ決定?)となっていた広島としては今節の結果どうこうよりは、入れ替え戦にむけての意味合いのほうが大きい試合でした。
出場停止で戸田和幸選手、森崎和幸選手、ストヤノフ選手の3選手、怪我でFWウェズレイ選手、MF青山敏弘選手を欠いた広島は若手が多く起用されました。
また浩司、陽介をベンチスタートに回して主力選手の疲労を考えた選手起用となりました。

試合開始早々からガンバに一方的に攻め込まれます。
これは失点は時間の問題かなと思ってたら、なんと広島が先制。
右サイド駒ちゃんからのクロスを寿人がヘディングで決めました。
これは広島の最初のチャンスだったんじゃないかというくらい、ガンバが試合を支配してた中での得点でした。

その後はさらに輪をかけてガンバのペースに。
決定的なチャンスもたくさん作られ、そのなかからバレー選手にやられてしまいました。
前半はこのまま1-1で終了しました。

後半もやはりガンバのペース。
広島は入れ替え戦をにらんでか後半早々一気に3選手が交代しました。
これで平繁の1トップにしたのですが、かと言って中盤の選手が高めのポジションをとるわけでもなかったので、ますます防戦一方の展開になっていきました。
失点は二川選手のマークがルーズになったところを見事なミドルシュートを食らってしまいました。
もう打つ前から、「これ入る」って感じやったね。
これで1-2と逆転されてしまいました。

これでこのままか試合終了かと思ってたら、CKから槙野選手が得点!
2-2のドローで試合を終了しました。



この試合広島は若手がたくさん出たのですが、意外とよかったと思いました。
特に洋次郎。この選手、面白いですわ〜。
遊佐選手は左サイドもできることがわかったし、漢宰は相変わらず気持ちの入った熱いプレーを披露してくれました。
平繁選手も寿人とのコンビがだんだん合ってきてるように思います。

勝てこそしませんでしたが、主力を欠いた中で強豪ガンバ相手にこれだけの試合ができるサンフレッチェ広島。
最後に追いついたということで、いいムードで入れ替え戦に入っていけるのではないでしょうか。
入れ替え戦の相手は京都になりましたが、なんとしてでもJ1残留を果たしてほしいと思います。

サンフレッチェ、頑張れ〜!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
[J第34節] サンフレッチェ広島 2-2 ガンバ大阪 感想 だいすけのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる