だいすけのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS [天皇杯準々決勝] FC東京 0-2 サンフレッチェ広島 感想

<<   作成日時 : 2007/12/23 22:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

結果FC東京 0-2 サンフレッチェ広島
得点者柏木陽介(13)、駒野友一(37)
日時2007年12月23日 15:00キックオフ
場所熊本県民総合運動公園陸上競技場(KKWING)
入場者数5,148人

テレビで見ました。

広島ベンチのメンバーはGK木寺浩一、DF吉弘充志、MF高萩洋次郎、MF李漢宰、MF遊佐克美、MF高柳一誠、FW田村祐基。
スタメンは以下のメンバー。
GK下田崇
DF槙野智章、ストヤノフ、盛田剛平
MF駒野友一、柏木陽介、森崎和幸、森崎浩司、服部公太
FW平繁龍一、佐藤寿人

交代は57分に平繁→一誠
75分槙野→吉弘
78分カズ→洋次郎
の交代がありました。


簡単に言うと前半は広島、後半はFC東京の試合という感じでした。

先制は陽介。
バックラインからのビルドアップから攻撃が始まり、左サイドからのクロスを寿人がヘッドで落とし。
ゴール前まで走ってきていた陽介がシュート。これが決まり1-0となりました。

追加点は駒ちゃん。
広島のカウンターがはまり、陽介がゴール前に迫ります。
左には平繁がフリーでいましたが、そこは使わずさらに中央へ。
シュートかと思ったら、右サイドを上がってきた駒ちゃんへパス。
これを駒ちゃんがビシっと決めてくれました。
前半はこのまま2-0で終了しました。

後半、FC東京の怒涛の攻撃が始まりました。
今シーズン、広島は失点が多かったのでディフェンスしてるところを見てるだけで心臓に悪いっす。
もう何回もやられたって感じのシーンがありました。

しかしディフェンスラインを中心に粘り強く跳ね返し、無失点に抑えます。
終盤にはFCの足も止まりはじめ、カウンターをしかける場面も見られました。
このサッカーをもっと早くからやっていれば、と今日も思ってしまいました。。。
結局2-0のままサンフレッチェ広島が勝利。
準決勝へ駒を進めることができました。


この試合の勝因は広島ペースのときにしっかり得点できたことと、FCペースのときにしっかり我慢できたことに尽きます。
次はガンバ大阪と対戦。
ここまできたら相手どうこうではないと思います。
こちらには失うものは何もありません。勢いに任せて思いっきりぶつかってほしいと思います。

サンフレッチェ、頑張れ〜!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
[天皇杯準々決勝] FC東京 0-2 サンフレッチェ広島 感想 だいすけのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる