だいすけのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS [天皇杯5回戦] サンフレッチェ広島 2-0 ジュビロ磐田 感想

<<   作成日時 : 2007/12/15 22:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

結果サンフレッチェ広島 2-0 ジュビロ磐田
得点者森崎浩司(18,51)
日時2007年12月15日 13:05キックオフ
場所広島ビッグアーチ
入場者数3,177人

ビッグアーチで観てきました。思えば今年最後のビッグアーチ観戦。最後に素晴らしい試合を見ることができました。

広島ベンチのメンバーはGK木寺浩一、DF吉弘充志、MF戸田和幸、MF高萩洋次郎、MF李漢宰、MF遊佐克美、MF高柳一誠。
スタメンは以下のメンバー。
GK下田崇
DF槙野智章、ストヤノフ、盛田剛平
MF駒野友一、柏木陽介、森崎和幸、森崎浩司、服部公太
FW平繁龍一、佐藤寿人

交代は65分に浩司→洋次郎
76分カズ→一誠
80分平繁→漢宰
の交代がありました。


FWウェズレイ選手は既に帰国しているようでメンバーに入っていませんでした。
広島はJ2降格決定から1週間ということで、チームとしてまとまるのは難しいのではないかと思っていました。
しかし、ふたを開けてみればチーム一丸となって強豪ジュビロに立ち向かう、素晴らしい試合だったと思います。

試合開始から広島の選手で出足が早かったと思います。
積極的にボールを取りに行く姿勢がよかった。
ボールを奪ってからもパス回しも素晴らしかった。あのジュビロ相手に全く臆することなく圧倒する場面すらありました。

得点は浩司が直接FKを決めたもの。GK川口選手が一歩も動けないほど完璧に決まりました。
今年はあまりFKから決めたイメージがなかったので、蹴る前もあまり期待してなかったのですが、浩司やってくれました!

これでジュビロがギアを上げてきて、面白い試合になるぞと思って見てました。
予想通り磐田がやや優勢になってきましたが、広島が粘り強く対応。無失点で前半を終了しました。

後半早々にまたFKのチャンス。これまた浩司が決めて2-0になりました。
今度は入るかも、と期待して見てました。蹴った瞬間から入りそうな雰囲気が感じられたFKだったと思います。

その後もヘンに守りに入ることなく、全員が最後まで走るサッカーを貫きました。
また監督もシーズンの反省からか早め早めに選手交代を慣行。
この時間帯の広島のパス回しは素晴らしかった!
磐田は1〜2回くらい決定的なシュートシーンがありましたが、それ以外は安心して見ていられた試合でした。
スコアはこのまま2-0でサンフレッチェ広島が勝利しました〜。


これがまさに今シーズン、サンフレッチェ広島が目指したサッカーだったと思います。
アグレッシブで攻撃的でボールがよく動く、とても魅力的なサッカー。
今日みたいな試合が降格争いをしていた時期に出来ていれば・・・という思いもあるのですが、これはもう済んでしまったこと。
サンフレッチェ広島にはこれだけのサッカーできる可能性がまだまだ秘められているということを確認できた試合になったと思います。

できればこの試合をたくさんの人に見てもらいたかった、という気がします。
こんな試合を見ることができたら、サンフレッチェを応援しようという人もどんどん増えていくんじゃないかと思うのですが。。。


広島は次は準々決勝でFC東京と対戦します。
今回の磐田戦の勢いを維持してどんどん勝ち進んでほしいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
[天皇杯5回戦] サンフレッチェ広島 2-0 ジュビロ磐田 感想 だいすけのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる