だいすけのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS [EURO2008] ドイツ VS トルコ 感想

<<   作成日時 : 2008/06/26 22:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

録画で見ました。気が付けば準決勝。

トルコは怪我や出場停止の選手が多かったそうで苦戦するのではないかと思いました。
しかし、ふたを開けてみればトルコのペースでした。
ドイツは動きが少ない印象でした。疲れとるんかな?

先制はトルコ。
前半22分、右サイドからのスローインを胸トラップでリターン。
そこからクロスが入り、ゴール前にいた選手がシュート。
このシュートはバーに当たって跳ね返りますが、そこにウーウル・ボラルがしっかり詰めゴールしました。

しかしドイツもすぐに追いつきます。
前半26分、左サイドからポドルスキーがクロス。
右サイドからゴール前を横切りDFの前に出たシュバインシュタイガーが合わせてゴール。
調子がよくない中でも追いついてしまうのはさすがドイツというべきか。
前半はこのまま1-1で終了しました。


後半に入った直後はやはりトルコが押してましたが、時間が経つにつれて膠着状態に。
そんななか後半34分、左サイドラームのクロスにクローゼのヘディングが決まり、2-1に。
この時点でドイツが勝ったかな、と思いました。

しかしトルコが追いつきます。
サブリが右サイドでラームとの1対1を突破。ニアにクロス。
GKより先にセミヒがちょこんと触り、ゴールに流し込みました。
このゴールは角度もなくコースも狭くてとても難しそうなのですが、やすやすと決めてしまうとはビックリでした。
これで2-2に。さすがトルコ、今大会は勢いが違いますな〜。

しかし、しかし、この土壇場でドイツの強さが発揮されました。
失点のきっかけになってしまったラームが左サイドをドリブルであがり、ヒッツルスペルガーとのワンツー。
ゴール前で受けて力強いシュートを決めました。
ラームの「自分のミスを自分で取り戻すんだ」という強い気持ちが見えたプレーだったと思います。

試合はこのまま3-2でドイツの勝利で終了しました。
トルコは頑張りました。試合内容としてはドイツよりもよかったんじゃないかと思えるくらいでした。
ドイツは内容が悪くても、なにがなんでも結果を手にするのはさすが。

この勝負強さは決勝戦でも発揮されるのでしょうか。
決勝戦も楽しみです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
[EURO2008] ドイツ VS トルコ 感想 だいすけのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる