だいすけのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS [EURO2008] オランダ VS イタリア 感想

<<   作成日時 : 2008/06/10 23:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

録画で見ました。
攻撃のオランダ対守備のイタリアという展開になるのかと思ってたのですが、予想もつかない結果になりました。

試合開始早々から両チームともボールに激しくいきます。
なかなかボールが落ち着かないなか、徐々にイタリアがペースを握りはじめました。
オランダがボールを持っても、回してるだけであまり有効な攻撃はできてないように思いました。

ところが、ボールを保持していると何かが起こるものなのか。前半26分、先制はオランダでした。
オランダFK。ファン・デル・ファールトの蹴ったボールはゴール前へ。
イタリアGKブッフォンが弾くも、そのときに味方DFパヌッチと交錯。パヌッチはゴールラインから出て倒れてしまいます。
オランダ・マタイセンが落としたところにスナイデルのシュート。最後はファン・ニステルローイが触ってゴールとなりました。
テレビで見る限り、ファン・ニステルローイの位置がオフサイドに見えたのですが、オフサイドにはならずにゴールが認められました。
ゴールラインから外に倒れたDFがいたのですが、この場合はオフサイドのラインがどこになるんでしょうかね〜?

これですっかり調子が狂ったイタリア。
どうもやることなすことがちぐはぐな感じになってきてしまいます。
前半31分にはなんとイタリアのCKからカウンターを食らって失点してしまいます。
CKを跳ね返したオランダ。ファン・デル・ファールトが左サイドに展開。ファンブロンクホルストが受けてドリブルで上がります。
そこから右サイドを走ってきたカイトへ大きく展開。
カイトがゴール中央に落とし、スナイデルがシュートを叩き込みました。
カウンター攻撃のお手本のような展開でした。素晴らしい攻撃だったと思います。

後半になって、イタリアもなんとか点を取ろうと攻撃に出ます。これを受けるオランダ。
予想とは正反対の展開になってきました。

後半34分にはまたもやイタリアのセットプレーを弾き返したところからカウンターが炸裂。
ファンブロンクホルストが得点しました。
その後、イタリアも頑張って攻めますがGKのセーブなどもあり、どうしても得点できず。
このまま3-0で試合を終了しました。

この両チームの対戦でこんな結果になろうとは思いもしませんでした。
サッカーって何が起こるか本当にわからないものだと思い知らされた試合でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
[EURO2008] オランダ VS イタリア 感想 だいすけのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる