だいすけのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS [J2第22節] サンフレッチェ広島 VS 徳島ヴォルティス 感想

<<   作成日時 : 2008/07/05 14:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

結果サンフレッチェ広島 2-1 徳島ヴォルティス
得点者米田兼一郎(18),高萩洋次郎(26),佐藤寿人(31)
日時2008年6月25日 19:04キックオフ
場所広島ビッグアーチ
入場者数4,622人

録画で見ました。

広島ベンチのメンバーはGK原裕太郎、DF結城耕造、MF高柳一誠、MF岡本知剛、FW平繁龍一。
スタメンは以下のメンバー。
GK佐藤昭大
DF森崎和幸、ストヤノフ、槙野智章
MF李漢宰、柏木陽介、青山敏弘、森崎浩司、高萩洋次郎、服部公太
FW佐藤寿人

交代は45分に漢宰→結城
74分に寿人→平繁
78分に陽介→一誠
の交代がありました。

広島はDF森脇良太選手が負傷中で、カズをDFに下げてきました。
またGK木寺選手も負傷。アキがスタメンに、ユースの原選手がベンチに回りました。
う〜ん、怪我人が多いなぁ。。。
対する徳島も広島から期限付き移籍中のDF西河選手が怪我で欠場していました。
FWのドゥンビア選手も移籍してしまい、お互い台所事情も苦しいなかでの対戦となりました。

試合開始から序盤は広島のほうがボールを持ててチャンスの回数も多かった気がします。
徳島はあまり高い位置からプレスに来るのではなく、守るときはしっかり下がってチャンスのときには人数を掛けて前に出るという感じだったかな〜。

先制は徳島。
右サイドから中央でパスがいいテンポで繋がり、最後は米田選手にゴールを決められました。
広島は人数はいたけど、ボールに行けずに見てるだけという状況でした。
あんな守備してたら失点は当たり前ですな。なにやっとんじゃ!(怒)

広島も追いつきます。
前半26分、ほぼ中央で洋次郎が青山とのワンツーからシュート。
綺麗な形で1-1に追いつくことができました。

追加点も広島。
前半31分。広島がボールを持っているなかで、寿人が相手DFの裏を狙います。
そこに青山からのパスがピタリと合い、シュート。
いかも寿人らしい抜け出しからのゴールでした。これで2-1となりました。

前半の終盤は徳島のペースだったかな。
攻撃時のボールのつなぎはうまくて、広島のサッカーとも似てる気がしました。
スコアは動かず2-1のまま前半を終了しました。


後半あたまから結城選手が投入されました。
これでカズがボランチに戻るのかな、と思ったらそうではなくてビックリ。
カズはDFのままで左に回り、カズ-ストヤノフ-結城という3バックに。
右サイドにはなんと槙野選手が入りました。

大丈夫かいな、と心配したのですが、槙野選手の右サイドは意外(失礼!)とよかったです。
個人的に結城選手のプレーを始めて見たのですが、すっかり広島に馴染んでいるようでした。
守備はもちろん安心して見ていられましたし、槙野選手を追い越して前に行くシーンも。
結城選手の加入は"当たり"だったんじゃないでしょうか。
逆に盛田選手や森脇選手が負傷しているなか、もし結城選手の加入がなかったらと思うとゾっとします。
結城選手、いいときに広島に来てくれました!

後半はスコアこそ動かなかったものの、全体的には広島のペースだったと思います。
本当にボールをよく持てていました。
前半と比べると両サイドもボールに絡めるようになったと思いました。

逆に課題として、あれだけボール持ててるのに追加点が取れなかったことが問題。
1点差なので、事故みたいな失点があればもう追いつかれてしまうわけで。
残り時間を優位に進めるためにも、試合を決めてしまう追加点が取れるようになってほしいと思いました。

そうは言っても怪我人が多い中でもしっかり勝ちきれたことの意味は大きいと思います。
この調子でチーム全員が一丸となって、苦しい時期を乗り越えてほしいと思います。

サンフレッチェ、頑張れ〜!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
[J2第22節] サンフレッチェ広島 VS 徳島ヴォルティス 感想 だいすけのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる