だいすけのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS [J第34節] サンフレッチェ広島 VS 京都サンガFC 感想

<<   作成日時 : 2009/12/06 17:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

結果 サンフレッチェ広島 4-1 京都サンガFC
得点者佐藤寿人(8,65),盛田剛平(42),ディエゴ(52),槙野智章(60)
日時2009年12月5日 15:33キックオフ
場所広島ビッグアーチ
入場者数19,303人

録画で見ました。

広島ベンチのメンバーはGK下田崇、DF横竹翔、MF丸谷拓也、MF岡本知剛、MF楽山孝志、FW李忠成、FW平繁龍一。
スタメンは以下のメンバー。
GK中林洋次
DF槙野智章、中島浩司、盛田剛平
MF李漢宰、森崎浩司、森崎和幸、柏木陽介、高萩洋次郎、服部公太
FW佐藤寿人

交代は28分に森崎浩司→横竹
79分に漢宰→忠成
83分にカズ→岡本
の交代がありました。


京都と言えば、どうしてもあのときの試合が思い出されます。。。
2007シーズンの入れ替え戦、広島は京都に破れJ2に降格しました。
今の京都は当時の選手が殆ど残っておらず、全く別のチームと言ってもいいくらいに変わっているのですが、それでもあの時の印象は強烈に残っています。

また広島が勝てばJリーグ4位が確定するという状況でした。
4位だと本来ならACL出場権は無いのですが、Jリーグ上位3チームのいずれかが天皇杯優勝した場合には4位のチームも出場できることになるそうです。
他力本願とは言えACLの可能性が残るわけで、このチャンスを逃す手はありません。広島にとってはモチベーション高く臨める状況でした。
一方の京都はJ1残留を決めた直後で、少し達成感があるなかでの試合になった模様。そのへんの差が出た試合になりました。


試合開始早々から広島のボールがよく回りました。
オフサイドになりましたが、森崎浩司が飛び出してゴールするなど広島のペースと言っていいと思います。

先制は広島でした。カズからのロングボールに漢宰が飛び出しダイレクトでシュート!
これはGKに弾かましたが、諦めずにハイボールを競る漢宰。落ちたところを寿人が右足で叩き込みました。
気持ちの入ったゴールでした。

2点目も漢宰のCKから盛田選手のヘディングでした。
お手本みたいにドンピシャでしたな。2人ともお見事でした。

後半に入り、ペナ内で倒してしまいPKを献上。ディエゴ選手に決められ2-1となりました。

しかしまたまた漢宰のCKから京都のクリアを槙野選手が胸トラップからシュート。
これが決まり3-1とします。

最後はもう一度寿人でした。
槙野選手が直接FK。強烈なシュートをGKが弾いたところに寿人が詰めてました。
今度は左足のボレーと決めました。
サポーターにキャプテンマークを掲げて見せる寿人。
そのキャプテンマークには怪我で戦列を離れている選手たちの背番号と、「10」番が大きく書かれていました。

その後もしっかりとゲームをコントロールし、4-1で試合を終了しました。

大勝でシーズンを締めくくることができた広島でしたが、この試合を最後にチームを離れる選手もいるためか寂しそうな表情の選手が多かったです。
中には涙を流している選手もいて、それだけ今シーズン、サンフレッチェ広島がいいチームだったんだと改めて思わされました。


J1昇格1年目のシーズンで4位というのは誇れる成績だと思います。
しかも今シーズンは本当に怪我人が多くて、メンバーのやりくりも大変な中でのシーズンでした。
それでこの成績は奇跡的と言ってもいいのではないでしょうか。

選手はもちろんのこと、監督をはじめスタッフやフロントが本当に頑張ったシーズンだったのではないでしょうか。
チーム関係者の皆さん、本当にお疲れ様でした。
選手たちには来シーズンの厳しい戦いに備えて、まずはゆっくり休んでもらいたいと思います。

あとは広島ファンとしてリーグ戦上位3チームのどれかが天皇杯を優勝してくれることをお祈りするばかりです。。。
鹿島、川崎、G大阪のどれか、頑張ってくれ〜。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
[J第34節] サンフレッチェ広島 VS 京都サンガFC 感想 だいすけのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる