だいすけのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS [ナ杯準決勝第2戦] 清水エスパルス VS サンフレッチェ広島 感想

<<   作成日時 : 2010/10/11 22:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

結果清水エスパルス 1-1 サンフレッチェ広島
得点者山岸智(64)、小野伸二(87)
日時2010年10月10日 15:00キックオフ
場所アウトソーシングスタジアム日本平
入場者数12,384人

録画で見ました。

広島ベンチのメンバーはGK下田崇、MF岡本知剛、MF丸谷拓也、MF森崎浩司、MFミキッチ、MF桑田慎一朗、MF大崎淳矢。
スタメンは以下のメンバー。
GK中林洋次
DF森脇良太、ストヤノフ、森崎和幸
MF山岸智、高柳一誠、中島浩司、青山敏弘、高萩洋次郎、服部公太
FW李忠成

交代は45分にストヤノフ→ミキッチ
65分に一誠→くわしん
70分にカズ→丸谷
の交代がありました。

広島はGK西川選手、DF槙野選手が代表で不在。FW佐藤寿人選手、DF盛田選手が離脱中。DF横竹選手が出場停止。
清水もFW岡崎選手、MF本田拓也選手が怪我で代表離脱で不在というなかでの試合となりました。


J'sGOALや広島携帯サイトのレビューの見てみると前半は一方的な清水ペースということだったのですが、録画を見る限りではそこまででもなかったかな〜。
ただ30分あたりの清水のシュートが2回連続でバーに当たったときは完全にやられたと思いました。
前半のうちにもう1回バーに当たったもあったような・・・。
あっ、これだけでも十分に一方的か。。。


ハーフタイムの選手交代にはビックリしました。
イリアン→ミキッチの交代だったので、4バックにしたのかなと思ったら、MF服部公太選手を3バックの左に持ってくるとは!
ペドロビッチ監督は「山岸選手か服部選手かどちらかにストッパーに入ってほしい」と言ったそうです。
そこで自分がやると言った公太選手がエライ。
さらに右から左サイドに移ったその山岸選手が得点するのだから、山岸選手もエライ。
ペドロビッチ監督の采配は大当たりでした。

結局3バックは左から公太、中島、良太
中盤はカズをボランチに上げて左から山岸、カズ、アオ、ミカ
という形になりました。


この交代は大成功だったように思います。
後半ミカが入ったことで広島の右サイドからの攻めが断然増えてきました。

得点はボランチに上がったカズからフリーになっていた左サイドの山岸選手へロングフィードが通りました。
ドリブルで中に切り込んで行き、そのまま右足でシュート。
素晴らしいシュートが綺麗にゴールに入りました。

その後の清水の猛攻と行ったら、結果を知って録画を見ていたにも関わらずヒヤヒヤものの展開でした。
清水のMF小野伸二選手の得点も素晴らしかった。後ろから走りこんできてのシュート。すごかった。
小野選手は得点シーン以外でもよく走ってボールに絡んでいた印象があります。
この試合で一番輝いていた選手ではないでしょうか。

清水に点が入るともう押せ押せムードとなりました。
広島は防戦一方となり、結果知ってたのに「もうやめてくれ〜」と泣きそうになりながら見てました。

この時間帯、広島ではMF青山選手の運動量が光ってたと思います。
試合終盤の時間帯でもしっかりプレスをかけ、チャンスとあれば前線まであがってましたな。
この人のスタミナどうなってんでしょうか?素晴らしかったです、青山選手。


生きた心地はしませんでしたが、その後もなんとか失点はせずに1-1のまま試合終了〜。
準決勝のトータルでは1勝1分で広島が勝利。初の決勝進出となりました!

決勝の相手は川崎を破ったジュビロ磐田となりました。
ここまできたからには、広島らしいサッカーを貫いて初タイトルを掴んでほしいと思います。

サンフレッチェ、頑張れ〜!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
[ナ杯準決勝第2戦] 清水エスパルス VS サンフレッチェ広島 感想 だいすけのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる