[ナビスコ杯予選第2節] サンフレッチェ広島 0-1 東京ヴェルディ1969 感想

結果サンフレッチェ広島 0-1 東京ヴェルディ1969
得点者ワシントン(42)
日時2005年3月26日 14:00キックオフ
場所広島スタジアム
入場者数4,615人


会場近くに新しくマリーナホップができた影響で混雑すると思い、市電で行くことにしました。
江波線の舟入南町で降りて徒歩で広島スタジアムを目指します。
スタジアムに到着したのが開門直後くらいだったので、まだそれほど混雑はしていないように思いました。

スタジアムに着いて「喝、克つ弁当、勝つ」という名前の弁当を購入。
爪楊枝が矢の形になっていて、細かいところまで考えてあるんだなぁ、と妙に感心。
弁当の中身についての説明書きも面白いです。

ファンクラブの先着ポイントのプレゼント、今回はGK下田崇選手のフィギュアでした。
横顔が似てるかな・・・?次回はMF森崎浩司選手だそうです。

前回増ページされていたマッチデープログラムは通常のページ数に戻ってました。
この前はホーム開幕戦だったので特別だったのかも。

メインスタンドは空席が目立ちましたが、バックスタンド側は結構埋まっている印象。
広島スタジアムはビッグアーチに比べると小さい会場なので、入場者数もこんなもんか。
所々でFC東京戦でプレゼントされたクッションバッグを持っている方々を見かけました。
あの時は雪の中でえらいめにあったなぁと思い出す。
今回はいい天気。日が当たるとちょっと暑いくらい。観戦にはいいコンディションでした。

東京Vのサポーターの数はかなり少ないように思いました。
でもあの人数でもしっかり応援されているのが素晴らしい。

サンフレッチェのスタメンが少し変わっていました。
右サイドに出場停止があけた駒野選手が戻り、FWは佐藤寿人選手がベンチに回り茂木弘人選手が先発出場。
驚いたのがCB。池田昇平選手がベンチに入り、なんとベテランの小村徳男選手がスタメン。
池田選手のコンディションの問題なのか、戦術的な変更なのかわかりませんが、小村選手頑張ってました!

試合は前半の終了間際にCKからFWワシントン選手が得点。
要注意とわかっていたはずのワシントン選手がフリーになっていたのは残念。
その1点を守りきって東京Vの勝利。サンフレッチェはまたも勝利を挙げることができませんでした。

サンフレッチェ広島は決定的なチャンスをいくつか作りながらも、結局最後までゴールを奪うことができませんでした。
その一方で、東京Vは数少ないチャンスをキッチリものにして得点。
今節の勝敗の分かれ目はそこにあったと思います。

でも、今のサンフレッチェがヴェルディに大きく劣っているかというと決してそんなことはないと思います。
ちょっとしたキッカケでチームは好転していくんじゃないかと思うのですが・・・。
とにかくまず1勝がほしいところです。1回勝つことによってガラっと変わってチームに勢いが出てくると思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック