[ナビスコ杯予選第3節] サンフレッチェ広島 1-4 川崎フロンターレ 感想

結果サンフレッチェ広島 1-4 川崎フロンターレ
得点者中村憲剛(14),ガウボン(53),ジュニーニョ(54),黒津勝(70),谷口博之(77)
日時2005年5月21日 15:00キックオフ
場所広島スタジアム
入場者数4,496人

いや~。まいった!完敗も完敗。ハデにやられてしまいました。
これでナビスコ杯予選3連敗。予選突破はかなり厳しくなってきました。残念。

出場停止のMF茂原岳人選手に加え、やはりDF駒野選手も使えない広島はMF森崎浩司選手とDF森脇良太選手を入れてきました。
森脇選手は今季ユースから昇格してきた選手。FW前田俊介選手と同級生になります。
広島は4バックのままで、システムは変更せずそれぞれ不在選手の代役を立てたのみという感じの選手起用になりました。
スタメンのFWに茂木弘人選手が入り、FW佐藤寿人選手がベンチに回ります。
ベンチにはベテランのDF吉田恵選手、ユース昇格組みのMF桑田慎一朗選手も入りました。

試合は全体を通して終始川崎のペースだったように思います。
試合開始から川崎のパスがよく回り、広島は対応にまわるだけで精一杯という感じでした。
運動量も圧倒的に劣っており、玉際の勝負でも負け、こぼれも拾いまくられ、いいようにやられていました。

先制点はFKから。川崎の中村選手選手によるものでした。前半は特に反撃することもできずそのまま1-0で折り返します。
前半は一方的に押されまくりだったので、いつ失点を食らってもおかしくない雰囲気でしたし、逆に1失点で抑えることができてよかったいえるくらい正直言って非常に情けない出来だったと思います。

後半の頭からFW茂木弘人選手→FW前田俊介選手の交代があり、広島が反撃にでます。
前田選手がボールを持って自分から仕掛けていく姿勢はよかったと思います。ここから多少流れが広島よりに。
よい流れのときにゴール前の混戦の中からFWガウボン選手が得点し1-1に追いつくことができました。

が、その後が問題でした。
センターサークルの川崎キックオフからの流れでそのまま失点。Jリーグで対戦したときのパターンでお返しを食らってしまいました。
せっかく追いついた直後に突き放されたのは精神的にダメージが大きく、試合はこの時点で決まってしまいました。

あとはフロンターレの怒涛のゴールショーが展開されてしまいます。
広島もMF森崎浩司選手→DF吉田恵選手の交代で3バックに変更し、同時にMF大木勉選手→FW佐藤寿人選手の交代で点を取りにいこうとするものの得点にはいたらず、結局気が付いてみれば4失点。4-1で敗れてしまいました。泣。

この試合、広島は主力の茂原、駒野両選手の不在が大きかったという評価もあるかもしれません。
確かにこの2選手の存在は大きいものがあるとは思います。残念ながら今の広島ではベストメンバーが抜けたときの戦力ダウンは致命的。
リーグでは好順位にいることができたのも、今まで大きな故障や警告が少なくベストメンバーに近い状態で戦えてきたことが大きな要因でしょう。
今後はいかにしてベストメンバーを崩さないようにするかという点と、控え選手のレベルアップが課題となってくると思います。
そういう意味では今節で初出場を果たした森脇選手はいい勉強になったと思います。この悔しさを是非今後に活かしてほしいと思います。

しかし今節の出来の悪さは選手層の薄さだけが問題ではないと感じました。
今節のような情けない試合をすれば、仮にベストメンバーが組めていたとしても結果は同じだったと思います。
残念なことにこの試合の広島からはとにかく「戦う気持ち」があまり感じられなかったように思います。
大敗したことよりもその事がとても悔しく、情けない。

DF小村徳男選手の試合後のコメントがJ'sGOALに載っていますが、非常にベテランらしいコメントだと思いました。
また小村選手はプレーでも頑張っていました。
もう勝敗は決まってしまったと言える試合の中で何度もオーバーラップを敢行し「最後まで絶対にあきらめない」という強い気持ちをプレーで表現してくれたように思います。これはプロの選手として非常に大切なことではないでしょうか。
今回の試合の中で「観に来てよかった」と思えたシーンでした。
このような偉大な先輩がせっかく同じチームに所属しているわけですから、森脇選手に限らず広島の若手選手はどんどんお手本してほしいと思います。
そしてどのような状況になっても「戦う気持ち」を忘れない選手に成長していってほしいですね。


次節東京V戦は今節でイエローカードを1枚もらっているDFジニーニョ選手が出場停止の可能性があるようです。
ジニーニョ選手は今シーズンから加入した選手ですが、今ではすっかり広島の守備の要。
(リーグでは)好調の広島のディフェンスはジニーニョ選手の働きのおかげと言っても過言ではありません。
この選手が使えないのは広島にとっては今節以上にダメージが大きいのではないでしょうか。
さらにU-20代表のキャンプの関係で、FW前田俊介選手、MF高柳一誠選手、DF吉弘充志選手がチームを離れます。
まさに踏んだり蹴ったりの状況の中、サンフレッチェ広島はどうやって乗り越えるのでしょうか?
勝敗とは違ったところで興味深い一戦となりそうです。
どんな結果になったとしても「戦う気持ち」だけは忘れず、最後まであきらめない姿勢を貫いてほしいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2005年05月22日 20:51
TBとコメントありがとうございました。
今回は勝たせていただきましたがまだまだわかりません。
一昨年のCLでも三連敗のニューカッスルがその後、三連勝で決勝トーナメントに出たと言う事もありましたから。
小村選手の言うとおり「戦う気持ち」を持っていけば望みはまだあるかもしれません。
2005年05月22日 21:09
TAKさん、コメントありがとうございました。
今は結果うんぬんではなく、選手たちに「戦う気持ち」を取り戻してほしいと思っています。
次節の逆境がそのキッカケにでもなってくれたらいいんですけどねぇ・・・。
2005年05月22日 22:35
トラックバックありがとうございました。
リーグ戦カップ戦ともにベストなメンバーがそろいませんね。
広島とはあと2回対戦するのでいずれ緊迫したいいゲームが観られると思います。
2005年05月22日 23:03
horiさん、コメントありがとうございます。
今回はいいところなく一方的にやられてしまいましたが、フロンターレの選手たちの気迫を見習って、次の対戦のときには緊迫したゲームになるように精進してほしいと思います。
kurt
2005年05月25日 15:45
だいすけさん、

記事を読んで、だいすけさんのサンフレッチェ広島への熱い想いを感じました。
だいすけさんの言うとおり、今の若手にはベテランの”最後まで諦めない、プロとしての強い気持ち”を感じて欲しいです。
実際、今の若手はスマートにプレーしようとする選手が多すぎて、頼りなく感じることが目に付きます(これは日本代表にも言えること)。KING KAZUのように熱い魂のこもったプレーを魅せてくれる選手が増えることを願うだけです。

KING KAZUのガイドラインというのを読みましたが、やっぱKAZUは最高デス!いま、活躍している選手でKAZUファンの人は多いです(有名なところでは、大黒や中田浩二など)KAZUのような熱い魂を持った選手がこれから出てこないと、今後のJリーグ、さらには日本サッカー界が不安になってしまいますね。
若手にはホント、頑張って欲しいです。


2005年05月25日 16:12
kurtさん、コメントありがとうございます。
三浦和良選手がこれだけ長く現役で活躍できるのも熱い魂を持っているからなんでしょうね。
若手の選手達にもどんどん受け継いでいってほしいですね~。

この記事へのトラックバック