[J第9節] サンフレッチェ広島 5-0 アルビレックス新潟 感想

結果サンフレッチェ広島 5-0 アルビレックス新潟
得点者ガウボン(35),佐藤寿人(44,65),大木勉(84),茂木弘人(88)
日時2005年5月1日 16:04キックオフ
場所広島ビッグアーチ
入場者数12,408人

大雨が降りしきるなか、行ってきましたビッグアーチ。
とにかくすごい雨でした。FC東京戦の雪に続いてポンチョ大活躍。

今回もアストラムを利用して行ったのですが、連休の影響かサッカー観戦に行く人が殆どだったように思います。
スタジアムに入ってからもバックスタンド側はかなり埋まっていたように思いました。
入場者数は12,408人とのこと。あいにくの天候にも関わらず、たくさんの観客が入ってよかったです。
もし天候が良ければ、もっと増えてたかもしれません。

今回も試合前には如水館中学高等学校チアリーディング部の応援パフォーマンスがありました。
なんか前回見たときよりも大掛かりになってレベルも上がってるように思いました。一見の価値アリです。

試合のほうですが、久しぶりにFW佐藤寿人選手が先発。ベンチにはMF森崎浩司選手も入りました。
ここのところDF池田昇平選手がベンチに入ることが多かったのですが、今節ではベテランDF吉田恵選手が入っていました。
池田選手は調子を落としているのでしょうか、それとも連戦を考慮してのことなのか?

先制点はFWガウボン選手。川崎戦、C大阪戦に続いて3試合連続得点。すばらしい!
開幕当初は得点できませんでしたが、ここにきて調子を上げてきました。今ではすっかりFWの軸となっているのではないでしょうか。
そして、ついにFW佐藤寿人選手が移籍後初得点!ゴールを後ろに背負って足の内側へ蹴りこむ、すばらしいシュートが決まりました。
前半はこのまま2-0で折り返します。

サンフレッチェ広島は前節終了間際に追いつかれるという展開だったので、できれば後半早時間帯に追加点を奪って試合を決めたいところでした。
後半に入って、佐藤選手はさらに得点を重ねます。今度ばMFベット選手からのスルーパスを狙い済ましてシュート。この試合2得点と大活躍でした。
その後佐藤選手に代わって森崎浩司選手を投入。長い間チームから離れていた浩司の復帰にスタジアムも沸きました。
交代後のファーストタッチで大きなチャンスを作るあたり浩司らしいと思いました。

いつもならこの時間帯からガクっと運動量が落ちて攻め込まれることが多かったのですが、今節に限ってはそんなことはありませんでした。
今度は新潟DFのお見合いの間にFW大木勉選手がゴール。
さらにガウボン選手と交代したFW茂木弘人選手も見事なミドルシュートを叩き込みました。
終わってみれば、FW陣が大爆発して5-0という最高のかたちで記念すべきホーム通算100勝を飾ることができました!

新潟は主力の鈴木慎吾選手が(怪我で?)いなかったこともあってか、パッとしませんでした。
全体的にコンディションも悪かったような印象を受けました。連戦と過酷な移動の影響があるのかもしれません。
これが新潟の実力とはちょっと考えられません。チームとしてのコンディションが悪いタイミングで対戦できたという感じでしょうか。

サンフレッチェは次節アウエーでジェフ千葉と対戦します。
MFベット選手が警告の累積で出場停止なのがイタイ!
しかも特にMF、DFの選手は連戦の影響で疲労もピークに達していると思います。
選手のやりくりに苦労しそうな気もしますが、このタイミングで森崎浩司選手が復帰してくれたのは助かりました。
あとFW佐藤寿人選手も得点することができ、これから波に乗っていきそうなので楽しみです。
ジェフは古巣でもありますし、お兄さんの佐藤勇人選手との兄弟対決も実現しそう。楽しみです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック