[J第22節] サンフレッチェ広島 1-1 ジェフユナイテッド千葉 感想

結果サンフレッチェ広島 1-1 ジェフユナイテッド千葉
得点者ガウボン(46)、山岸智(74)
日時2005年9月3日 18:00キックオフ
場所広島ビッグアーチ
入場者数10,561人

ビッグアーチで観戦してきました。

広島ベンチのメンバーはGK上野秀章、DF西河翔吾、MF森崎浩司、MF桑田慎一郎、FW前田俊介。
スタメンは以下のメンバー。
GK下田崇
DF駒野友一、ジニーニョ、小村徳男、服部公太
MF森崎和幸、茂原岳人、李漢宰、大木勉
FW佐藤寿人、ガウボン
MFベット選手が負傷でベンチを外れました。
しかし個人的には漢宰と茂原の同時起用が見れたのでラッキーだったかも。
運動量豊富なジェフに対抗するにはこの2人に走り回ってもらわんとあかんと思うんで。

前半は広島ペースという印象。
ジェフと言えども水曜日にナビスコを戦っているので疲労があったんだろうと思いました。
ただ何回か決定的なチャンスを作れても決めきれない、いや~な展開。
逆にジェフのカウンターの方が切れ味鋭く怖かった気がします。
阿部(?)のミドルは正直入ったと思った。GK下田選手、よくはじきました。

後半早々、DFジニーニョ選手の縦パス一本でFWガウボン選手へ。
相手DFにボールとの間に入られたものの、後ろから足を出してそれがそのままゴールへ。
ラッキーな形で先制することができました。

しかしここからがジェフの本領発揮。DFを減らして、攻撃的に出てきました。
しかも、何故か運動量が落ちない!逆に前半より走るようになったんじゃないかとさえ思いました。
ゴール前の迫力はさすがでした。ダイレクトで回して最後はシュートで終わります。
見てるほうはヒヤヒヤもんでした。
ただ広島も最後の最後のところで体を張って、ギリギリのところで踏み止まります。

しかし意外な形で追い付かれてしまいます。
広島の攻撃の際にFW佐藤寿人選手が相手選手に倒されたように見えました。
ファールかと思い広島の選手達の足が止まったところで、ジェフの選手はプレーを続けます。
すばやくゴール前にボールを運び、混戦のなか山岸選手のゴールが決まってしまいました。

う~ん、ちょっとアンラッキーだったかも、と思いつつ・・・。
足を止めてしまった広島と、切り替えを早くしてプレーを続けたジェフの差が出てしまったようにも思います。
得点シーン以外でも、ジェフのリスタートは早かった。プレーを切らずに、もうすぐ始めちゃうんですよね。
こういうところは広島も見習わないといけないと思いました。

試合はこのまま1-1のドローで終了。
首位鹿島が引き分け、2位のG大阪が勝ったためついにガンバが首位に立ちました。
広島は順位は4位のままですが、首位との勝点差が8に広がってしまいました。
優勝争いに付いていくには勝ちたかったところですが、逆に負けずにすんでよかったとも言えるかも。

次節アウェーでのガンバ大阪戦は、勝たなくてはならない試合になりました。
ガンバの攻撃力は脅威ですが、全力で立ち向かって勝利を手にしてほしいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック