[J第3節] サンフレッチェ広島 1-4 浦和レッズ 感想

結果サンフレッチェ広島 1-4 浦和レッズ
得点者三都主(28)、ポンテ(32)、鈴木啓太(62)、ワシントン(66)、ウェズレイ(85)
日時2006年3月18日 14:05キックオフ
場所広島ビッグアーチ
入場者数16,742人

大雨の中ビッグアーチで観戦してきました。寒かった~。

広島ベンチのメンバーはGK木寺浩一、DF吉弘充志、DF盛田剛平、MF大木勉、MF高柳一誠、MF桑田慎一朗、FW上野優作。
スタメンは以下のメンバー。
GK下田崇
DF駒野友一、ジニーニョ、小村徳男、服部公太
MF李漢宰、戸田和幸、森崎和幸、ベット
FW佐藤寿人、ウェズレイ

交代は後半に入ってから漢宰→上野
ベット→吉弘
カズ→一誠
の交代がありました。

前半26分、DFジニーニョ選手がワシントン選手を倒してしまい、レッドカード。
これで試合が決まってしまったかな。
このFKを直接三都主選手が決めて0-1。しかも広島は10人になってしまいました。
この時点では選手は交代せずMF戸田選手がそのままDFラインに入りました。

2失点目はDF小村選手のクリアミスをポンテ選手に拾われたもの。
ちょっと集中を欠いたプレーでした。こんなんしとったらダメやね~。
このまま0-2で前半を終了します。

後半途中で漢宰→上野の交代。
長身のFW上野選手をトップに入れてロングボールを入れる意図かなと思ったのですが、違ってました。
なんとそのまま漢宰のポジション、右MFに入ります。
上野選手は高さだけでなく運動量も豊富でディフェンスもしっかりやってくれるので、こういう使い方だったんかな。

この後、鈴木啓太選手、ワシントン選手に決められ0-4に。
この2失点は完全に崩されたものでした。ムキ~!

その後MFベット→DF吉弘の交代。
吉弘選手がDFラインに入って戸田選手が中盤に戻ります。MFに戻った戸田選手はよく動いてました。
中盤が活性化したように思いました。

最後の交代はなんとカズ。一誠と代わります。
昨シーズンフル出場のカズが交代するとはちょっと意外でした。
調子よくないんかな?

最後にFWウェズレイ選手が一矢報いてくれました!
同じ負けでも完封よりはマシだよね。ウェズレイえらい。
結局1-4で試合終了となりました。

この試合は退場が全てでした。前半の早い時間帯で1人減ったら勝負にならんわな。
しかし選手たちは最後まで気持ちを見せてくれたように思います。
所々でいいプレーが見れましたし。今後に期待が持てる内容だったと思います。
それだけに退場が無かったら、広島がどこまでやれてたか見たかったなぁ・・・。
開幕3試合で勝ち星が無いのは寂しいですが、一喜一憂せず自分たちのサッカーを追及していってほしいと思います。


第3節終了時点で広島は勝ち点1で16位。おぉっ!降格圏内じゃないですかっ。
次節はアウェーで京都パープルサンガと対戦。
16位vs17位の寂しい試合ですが、今度こそ今シーズン初勝利を手にしたいところです。
DFジニーニョ選手は出場停止ですが、他のDF選手にとってはアピールのチャンス。
なんとかこのチャンスをものにしてほしいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック