[J第5節] サンフレッチェ広島 1-3 ガンバ大阪 感想

結果サンフレッチェ広島 1-3 ガンバ大阪
得点者遠藤保仁(43)、マグノアウベス(49、61)、佐藤寿人(83)
日時2006年3月25日 15:04キックオフ
場所広島ビッグアーチ
入場者数13,067人

ビッグアーチで観戦してきました。完敗。完敗。15点取られなくてよかったよ。

広島ベンチのメンバーはGK佐藤昭大、DFジニーニョ、DF盛田剛平、MF李漢宰、MF高柳一誠、MF桑田慎一朗、FW前田俊介。
スタメンは以下のメンバー。
GK木寺浩一
DF西河翔吾、小村徳男、吉弘充志
MF駒野友一、戸田和幸、大木勉、ベット、服部公太
FW佐藤寿人、上野優作

交代は後半に入ってから66分に大木→漢宰と西河→桑田
81分にベット→一誠
の交代がありました。

頼みのFWウェズレイ選手がベンチ外。右太もも裏の違和感を訴えているそうな。ひえ~、知らんかったよ。
GK下田選手は出場停止。MFカズは体調不良からまだ復帰できず。何故か浩司もベンチ外。
さらにDFジニーニョ選手がスタメンから外れてました。コンディションよくないんかな?

試合全体を通してガンバが圧倒的にボールを支配します。
それでも序盤はプレスがかかって、後ろに下げさせるシーンもあったりしたのですが、次第にガンバに好き放題にやられだします。
広島はきっと前半を無失点におさえて、後半にガンバが疲れてきたところで勝負をかけるというゲームプランだと思います。
両サイドも下がって5バック状態だったしね。
スタンドからは「もっとあがれ~」とか「下がりすぎ」とかいう声も聞こえたんですが、チームの方針としてそういう意図があったんだと思います。思いたい。思わせてくれ。

攻められ続けながらもあとちょっとで前半終了というところまでなんとか耐えました。
・・・が、しかし!前半終了間際のFKを直接MF遠藤選手に決められてしまいました。
GK木寺選手が全く反応しなかったんで、バックスタンドでは枠を外れたと見切ったんだろうと思ったんですが、しっかり入ってました。
これで0-1とリードされます。このまま前半終了。

後半も立ち上がりはキッチリ押さえたかったと思うのですが、開始早々FWマグノアウベス選手に決められてしまいました。
これで集中が切れてしまったのか、DFのミスからさらに一点入れらてしまい0-3となってしまいます。
最後に寿人が一矢報いてくれたのが唯一の救いだったかな。結局1-3で試合終了。

今までの試合は勝てなくても何らかの期待が持てるような内容だったのですが、この試合に限って言えば内容すら何もなかった。
観てても全然面白くない試合でした。
ベストメンバーが揃わないなかでの強豪チームとの対戦ということで、結果はしょうがないとしても内容があまりにひどかった。
何より"気持ち"が全然見えなかった。選手たちはプロ選手というものをもう一度考えてほしいと思います。

今節セレッソ大阪が勝利したため、広島は暫定で17位に。
明日の京都の結果次第では最下位の可能性もでてきました。まっ、今日のデキでは最下位がふさわしいところでしょう。
なんとか修正を図って、巻き返してほしいと思います。頑張れ!サンフレッチェ!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック