[J第9節] サンフレッチェ広島 1-1 セレッソ大阪 感想

結果サンフレッチェ広島 1-1 セレッソ大阪
得点者佐藤寿人(0)、徳重隆明(50)
日時2006年4月22日 15:04キックオフ
場所広島ビッグアーチ
入場者数6,794人

雨の中行ってきました、ビッグアーチ。

広島ベンチのメンバーはGK佐藤昭大、DF八田康介、DF西河翔吾、MF高柳一誠、MF李漢宰、FW森崎浩司、FW桑田慎一朗。
スタメンは以下のメンバー。
GK下田崇
DF駒野友一、吉弘充志、小村徳男、盛田剛平、服部公太
MF戸田和幸、ウェズレイ、ベット
FW佐藤寿人、上野優作

交代は後半に入ってから79分に上野→クワシン
の交代がありました。

お互い監督交代しての最下位決戦となったこの試合、望月新監督さっそく動いてきました。
盛田選手、ついにDFデビュー!
所々ヒヤッとする場面が見られましたが、結果的には失点1ということでまずまずのデキと言えるのではないでしょうか。
その失点も盛田選手のせいというわけでもなさそうですし。
あの高さはDFとしてもすごい武器になるねぇ。
今後DFの経験が増えていけば、もしかしたらすごいDFにばけるかもしれません。頑張れ!

それから望月監督は中盤を捨て、とにかく失点を防ぐことを最優先します。
攻撃は前3人に任せて後ろの7人でとにかく守りきる布陣を引いてきました。
このへんはもう理想は捨てて現実主義に徹してるんだなぁ、という印象を受けました。

望月監督はW杯中断までの8試合限定(ナビスコ含)の監督とのこと。
チームの建て直しは中断期間に後任の監督に任せるということなんでしょう。
そのへんをふまえると、限られた任期の間に「どれだけ勝ち点を拾うか」が望月監督の仕事になります。

個人的には高い位置からプレッシャーをかけ続ける去年やってたサッカーが広島の本来目指すところじゃないかという気がするのですが、もうそんなこと言ってる状態じゃないという判断なんでしょう。
とにかく目の前の勝ち点を拾うことに徹したサッカーをしなければならない、ということなんでしょうねぇ。
なんだか寂しい気もするんですが、クラブとして現状を踏まえた上での方針です。
あとは全選手がこの方針を受け入れ、チームの共通理解としてピッチの上で表現することが重要になってくるかなと思います。


試合開始直後、イキナリ先制に成功します。
キックオフから後ろに下げたボールをいつも通りに上野選手に上げます。
上野選手が寿人に落として、寿人がそのまま持ち込んでシュート。
それが決まり開始9秒足らずのJリーグ最速のゴールとなりました。(この記録は非公式なものらしいです)
決めた寿人もさすがですが、上野選手も素晴らしかった!

この後のサンフレッチェの守り具合がまたすごかった!
5バックがとにかく下がる。下がる。もう追加点なんて毛頭になかったね。
両サイドも上がる気配は全くみせずにゴール前に張り付いてました。
ボール支配は圧倒的にセレッソに。
とにかくゴールだけは割らせないというような守り方でした。

前半はなんとか凌いだものの、90分これを続けられるんかな~とちょっと不安になりました。
個人的にはどこかで浩司あたりを入れて、もう少しボールをつなげるように持って行くのではないかと予想してたのですが、まったくハズレでした。
とにかくこのまま守りきる作戦だったようです。

しかし、さすがにこれだけ攻められ続けると徐々に寄せが甘くなってきました。
ついにゴールを許し1-1と追いつかれてしまいます。
西澤選手が左サイトにいた森島選手にパス。森島選手をフリーにしてたのが悔やまれます。
森島選手のシュートはGK下田崇選手が一度はじいたのですが、つめていた徳重選手に決められてしまいました。


その後ウェズレイ選手をはじめ広島が攻勢に出る場面もありましたが、ゴールを奪うにはいたらず1-1のまま試合終了となりました。
個人的には追いつかれた後からは攻勢に転じて勝ち点3を取りに行ってほしかったのですが、ここでもそうはならず。
リスクを冒して決勝点を取りに行くというよりは、あくまでも「失点をしない」ことが最優先。
勝ち点1は意地でも死守することが大前提。そのうえで得点できたらラッキーみたいな方針だろうなという印象を受けました。


はっきり言ってしまうと、ガチガチに守って一方的に攻め続けられる様子は、面白いサッカーとは思えない。
そもそも広島の選手たちならココまで極端に引きまくらなくても勝負できるんじゃないかとも思うのですが・・・。
しかしクラブとしての判断は違ったようです。
J1残留のためにはサッカーの内容は捨ててでも勝ち点を拾っていくしかないという方針なんでしょう。

選手たちは自分たちのやりたいであろう理想のサッカーは我慢して、チームのために現実的なサッカーに徹してくれています。
たぶん楽しくないだろうし、しんどいだろうと思うんですよねぇ~。見てるだけでしんどそうに思うくらいですし。
その結果この試合では勝ち点1を拾うことができました。
この「1」を活かすも殺すも今後の戦いにかかってきます。
これからもこの戦いを続けていってJ1残留できるよう、サンフレッチェ広島の一ファンとしてだいすけは選手を信じて応援し続けたいと思います。

頑張れ! サンフレッチェ!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック