[ナビスコ杯予選第3節] サンフレッチェ広島 3-4 ジェフ千葉 感想

結果サンフレッチェ広島 3-4 ジェフ千葉
得点者坂本將貴(2)、巻誠一郎(5、26)、佐藤勇人(34)、盛田剛平(48、86)、森崎浩司(61)
日時2006年4月26日 19:00キックオフ
場所広島スタジアム
入場者数2,694人

雨の中行ってきました、今季初の広島スタジアム。
この試合はなんて言えばいいのか非常に難しいゲームになりました。
低レベルで、グダグダで、メタメタで、ダメダメな試合なんだけど、ちょっと面白かったりもした奇妙な試合でした。
まぁ、めったに見られない貴重な試合であったことは間違いないと思いますが・・・。

広島ベンチのメンバーはGK木寺浩一、DF吉弘充志、DF盛田剛平、MF青山敏弘、FW森崎浩司、FW上野優作、FW橋内優也、FW桑田慎一朗。
スタメンは以下のメンバー。
GK佐藤昭大
DF西河翔吾、槙野智章、八田康介
MF李漢宰、高柳一誠、森崎浩司、ベット、中里宏司
FW佐藤寿人、ウェズレイ

交代は後半頭から寿人→クワシン
西河→盛田
ウェズレイ→上野
の交代が一気にありました。

まさにナビスコでしかありえないようなメンバー。これだけでも雨の中観に来た甲斐があったね。
試合開始から立て続けに失点を重ねます。
こりゃ10失点くらいしそうだなぁ~、なんて思いながら見てました。
よく日本代表チームが調整で高校生とかと試合するやん。多分こんな感じじゃないかと思うんですよね。
それぐらい超一方的な展開でした。前半の時点で0-4。
チュウは頑張ってたように見えました。

後半頭から3人一気に交代。
まぁ、あんまり試合の流れは変わらんだろうと思っていたのが間違いでした。
なんと、後半開始早々にジェフのDF結城選手がゴール前でファールし一発レッドにっ!

それでもらったFKからゴール前で混戦に。
一度は跳ね返されたかに見えた(実際にその後ある程度プレーが続いた)のですが、ゴールを割っていたとの判定。
微妙な間でDF盛田選手のゴールが認められました。これで1-4。

スタジアムは相手が10人なったので、これでちょっとは面白くなるだろうという雰囲気になりました。
・・・が、ここで不思議な現象が起こります。
リードされている広島が守りに入ります。・・・なんで? なぜ?
自分の目を疑いましたね。何が起こってるのかわからんかったよ。

ジェフの最終ラインにボールがあるときに広島の選手11人全員が自分のポジションに張り付いて、誰もボールを取りに行かないという不思議な現象が起こりました。
ジェフはリードしてるんだし、数的不利なんだから、そりゃキープするよね。
時間をゆっくり使うプレーをするわけだよね?
それは分かるんです。普通そうするもんな。

だけど何でリードされてる広島が守りに入るん?
どういう意図があるん? 何の意味があるの?
誰かに解説してほしいくらい不可解な現象を見ることができました。


んで、ジェフが最終ラインからロングボールを上げてからサッカーらしくなります。
広島はボールを跳ね返してあわよくばカウンターを狙います。
盛田選手の高さはやっぱりいいっす。使えます。
2点目の浩司のゴールはカウンターから。シュートがキレイに決まりました。

これでイケイケになるかと思ったんだけど、何故かまた守りに入ります。
ジェフの最終ラインからボールが出てくるのを待ち続ける不思議な時間帯が展開されました。

最後のほうは盛田選手をトップに上げて、放り込む作戦に。
さすが元FWです。ポストプレーもバッチリ。トップに入ってからの盛田選手もよかったと思います。
そんな中、盛田選手がもう一点を加え、3-4まで迫るもこのまま試合終了。


得点シーンが多かったので、なかなか面白かったことは面白かった。
もしかしたら追いつけるんじゃないかとか、盛田選手のハット達成なるか、とかちょっと期待したし。
でも相手は10人ということで、どう評価してええのか微妙な試合でした。


あのボールを取りに行かない不思議な現象はなんだったんだろう???

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 巻 ヘッドでゴール!ペルー戦に勝利

    Excerpt: サッカー日本代表は24日、国際親善試合「キリンチャレンジカップ2007 ~ALL FOR 2010!~」でペルー代表と対戦し、巻と高原がそれぞれ得点を挙げ2-0の勝利を収めた。日本は前半19分、中村俊.. Weblog: サッカー日本代表@情報バンク racked: 2007-03-25 07:49