[J第18節] サンフレッチェ広島 0-1 大分トリニータ 感想

結果サンフレッチェ広島 0-1 大分トリニータ
得点者松橋章太(16)
日時2006年8月20日 18:05キックオフ
場所広島ビッグアーチ
入場者数10,145人

10人相手に得点できんとは・・・。ガックリ。

広島ベンチのメンバーはGK木寺浩一、DF八田康介、DF盛田剛平、DF槙野智章、DF入船和真、FW上野優作、FW前田俊介。
スタメンは以下のメンバー。
GK下田崇
DF森崎和幸、戸田和幸、ダバツ
MF李漢宰、柏木陽介、高柳一誠、森崎浩司、服部公太
FWウェズレイ、佐藤寿人

交代は後半に入ってから81分にダバツ→俊介、
84分に漢宰→上野
の交代がありました。

DF駒野友一選手、MF青山敏弘選手が怪我。DF中里宏司選手が出場停止という状況で若手が多くベンチ入りしました。
俊介なんて久々のベンチ入りじゃないでしょうか。


試合開始から15分くらいは広島のペースでした。
割と押し込んでいたような印象。得点のチャンスもいくつか作れてました。

しかし先制はトリニータ。
広島がFWウェズレイ選手にくさびのパスを入れたところ、キープできず。
一旦後ろに戻そうとしたパスがミスになり、大分の選手に。
飛び出した松橋選手にスルーパスが出て、そのまま決められてしまいました。
最近のサンフレッチェはこういう自分達のミスからの失点が多いなぁ~。もったいない。

その後の時間帯はトリニータが盛り返してきました。
広島の選手はちょっとガックリきてたのかも。
それでも前半の終盤にはサンフレッチェの攻撃も目立つようになりました。
44分には寿人を倒してしまった大分のDF三木選手がレッドカードで退場になります。
得点は動かず0-1のまま前半を終了。
しかし相手は10人になったということで、個人的には「まだなんとかなるかも」と思っていました。


後半に入ると10人になったトリニータはしっかり守ってきます。まぁ、当然だわな。
広島の攻撃の時間が増えますが、完全に崩せたシーンはあまり多くなかったかな~?
いくつかあった決定的な場面でも得点には至らず。イライラする展開が続きました。
フリーな選手がクロスをミスる、シュートが枠を外すなど、もったいないミスも多かった。

終盤には上野、前田のFWを投入しますが、得点は奪えず。0-1のまま試合終了となりました。


う~ん、悔しい。10人相手に得点できないとはっ!
広島のファンにとってはちょっと情けない内容の試合となってしまいました。


この試合の結果、広島は勝ち点16のまま。順位も15位と変動はありませんでした。
しかし今節は下位のC大阪や京都が勝利したため、下位チームとの勝ち点差は縮まってしまいました。
サンフレッチェの今後の対戦でG大阪、鹿島、磐田と強豪チームが続くことを考えると、数的有利になったこの大分戦を落としてしまったのは非常にイタイ。
一時は脱したかに見えた残留争いですが、ここにきてまた心配になってきました。。。

サンフレッチェ広島は次節アウェーで首位のG大阪と対戦。
最悪のタイミングでの対戦となってしまいましたが、残留争いを抜け出すためにもチーム一丸で強豪から勝ち点をもぎ取ってほしいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック