[J第27節] サンフレッチェ広島 5-2 FC東京 感想

結果サンフレッチェ広島 5-2 FC東京
得点者ジャーン(9)、梶山陽平(13)、佐藤寿人(21)、ウェズレイ(63,89)、李漢宰(65)、森崎浩司(71)
日時2006年10月15日 15:05キックオフ
場所広島ビッグアーチ
入場者数11,689人

行ってきましたビッグアーチ。最初はどうなることかと思ったけど、終わってみれば素晴らしい逆転劇でした。
こんな試合を見せられてしまうと、もうスタジアムでの観戦はやめられなくなってしまいます!


広島ベンチのメンバーはGK木寺浩一、DF八田康介、MF中里宏司、MF李漢宰、MF高柳一誠、FW上野優作、FW前田俊介。
スタメンは以下のメンバー。
GK下田崇
DF森崎和幸、戸田和幸、盛田剛平
MF駒野友一、柏木陽介、青山敏弘、森崎浩司、服部公太
FWウェズレイ、佐藤寿人

交代は28分に寿人→俊介。
後半に入って50分に駒野→漢宰
88分に浩司→一誠
の交代がありました。

DFダバツ選手の怪我は思ったより長引きそうですが、盛田選手がしっかりとその穴を埋めていたように思います。
年代別の代表に取られるだろうと思ってたMF柏木選手はスタメンで登場。
この試合が終わってから代表に行くことになったのかな? 大事な試合で柏木選手がいてくれてよかったです~。


試合開始早々、イキナリ2失点。
序盤は広島のほうが元気がなかった。慎重になりすぎたのか、腰が引けてる印象を受けました。
FC東京に一方的にやられていた展開の中で失点を重ねてしまいます。
個人的にはこの時点で「J2降格」の文字が頭に浮かびました。
ペドロビッチ監督もコメントしていましたが、この時間帯の出来は本当に最悪でした。
こんなことじゃ高いモチベーションで向かってくるであろう下位3チームとの直接対決でも勝てないんじゃないかと本当に心配になってきました。

しかしそんな心配をよそに前半のうちに広島が1点返します。
MF柏木選手からゴール前で右サイドに開きフリーになっていた寿人に柔らかいクロス。
寿人がダイレクトでボレーを決めて1-2となりました。

これで少しは可能性が出てきたかもと思えてきた矢先、寿人が負傷で交代。
ひえ~大丈夫かいな。と思ったら、交代で出てきたのがなんとFW前田俊介選手!
なんか余計に不安が大きくなったような、でも期待もしてしまうような、なんとも奇妙な気持ちになりました。
しかしこの俊介がなかなかよかった!
前を向いたらなんかやらかしそうな危険な雰囲気は顕在でした。課題と言われてきた守備も頑張ってたように思います。
今までならベテランのFW上野選手を出すパターンが多かったのですが、この勝負どころできて俊介を出してくるとは。ペドロビッチ監督、なかなかやりますな。。。

そのままスコアは動かず1-2のまま前半を終了しました。
個人的にはこの時点でも「良くてもドローに持ち込むのが精一杯ではないか」と思ってました。
まさか後半に大逆転劇が待っているとは夢にも思ってもみなかったです。


いよいよ運命の後半がスタート。
・・・と、思ったら今度は駒ちゃんが負傷で早々と退場。なんてこった。。。
この時点でも代わりに入った漢宰があれほどの大活躍を見せるとは予想できませんでした。

その後は広島が押し気味の展開になります。
特に右サイドで漢宰が高い位置をキープ。攻撃の基点になってました。
ウェズレイの惜しいシュートなどもあり、少しずつ広島に得点の予感が漂ってきた時間帯だったと思います。

そしてついにウェズレイがゴールを決め、2-2に追いつくことに成功。
その後も広島の勢いはそのまま続き、漢宰が逆転弾を決めました!
左サイドから速いクロスが入りゴール前に飛び込んだ選手(浩司?)は間に合わなかったものの、大外で待っていた漢宰が冷静にダイレクトで合わせました。
以前決定的なチャンスを外したこともあった漢宰ですが、今回はバッチリ決めてくれました。エライ!
本人のコメントにもありましたが、スタメンから外れても腐らずに準備を怠らなかった漢宰の鬱憤を晴らすかのような素晴らしいシュートでした。
広島ファンとしては俊介にしても漢宰にしても一誠にしても、苦労してきた選手が活躍してくれると本当に嬉しいものです。

広島の勢いは止まらず今度は浩司が右足(!)で決めて4-2とします。この頃になるとスタジアム中お祭り騒ぎみたいに盛り上がってきました。
その後決定的なピンチをむかえるものの、GK下田選手のスーパーセーブで失点を防ぎます。
最後にはウェズレイがもう1点決めて(アシストは一誠?)最終的には5-2でFC東京に勝利することができました!


この試合はJ1残留争いにむけて非常に重要な試合だったので、本当に勝ててよかったと思います。
またその過程も素晴らしかった。
2点差をひっくり返したこともそうですが、今まで控えだった選手たちが鬱憤を晴らすかのように素晴らしい活躍を見せてくれたことが嬉しかった!

この勝利で広島は勝ち点30に。順位はまだ15位のままですが、16位の京都との勝ち点差を10に広げることができました。
これは今後下位3チームとの直接対決をひかえている広島にとっては大きなアドバンテージとなりそうです。


サンフレッチェ広島は次節アウェーでセレッソ大阪と対戦。いよいよJ1生き残りをかけた直接対決が始まります。
寿人が累積で出場停止なのと駒ちゃんの怪我が気がかりですが、今節の後半のような試合ができれば勝てない相手ではないと思います。
もちろんセレッソのほうも広島戦を勝負どころと考えて勝ちにくるとは思いますが、その気迫に押されることなく自分達のサッカーを貫いてほしいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック