[J第29節] サンフレッチェ広島 3-0 横浜Fマリノス 感想

結果サンフレッチェ広島 3-0 横浜Fマリノス
得点者ウェズレイ(13,74)、佐藤寿人(50)
日時2006年10月28日 14:04キックオフ
場所広島ビッグアーチ
入場者数16,162人

行ってきました、ビッグアーチ。
なんと、あのマリノスに完勝! こんなこともあるんですな~。


広島ベンチのメンバーはGK木寺浩一、DF八田康介、DFダバツ、MF中里宏司、MF高柳一誠、FW上野優作、FW前田俊介。
スタメンは以下のメンバー。
GK下田崇
DF森崎和幸、戸田和幸、盛田剛平
MF駒野友一、李漢宰、青山敏弘、森崎浩司、服部公太
FWウェズレイ、佐藤寿人

交代は74分に漢宰→一誠。
86分にウェズレイ→上野
89分に青山→中里
の交代がありました。

U-19遠征で不在のMF柏木選手のポジションにはやはり漢宰が入りました。
MF青山選手は25日にU-21の試合をしたばかりなのにスタメン。しかもほぼフル出場!
疲れているだろうに、よく頑張ってくれました。


試合開始早々、マリノスが優位に立ちます。
立ち上がり、広島は防戦一方って感じでしたね。マルケス選手が左サイドに開いて基点になってました。
正直これはマズいな~、何点取られるかわからんぞって思ってました。
マルケス選手に広島の右サイドを突破されてクロスを久保選手に合わせられ決定的なシュートがあったのですが、GK下田選手のスーパーセーブで防ぎました。エライ!

この危機を脱すると広島も徐々に形を作れるようになってきました。
玉際も厳しく強気にチャレンジするシーンが増えてきたように思います。
そうこうするうちに広島がFKを得ました。キッカーはウェズレイ。
これがまた、これ以上ないくらいきれいに決まりました~!素晴らしい!!
広島は最初のチャンスらしいチャンスだったんじゃないかと思います。

この後は大方広島がペースを掴んでいたと言えるのではでしょうか。
このまま1-0で前半を終了しました。

後半、マリノスの反撃があるかと予想してたのですが、追加点は広島。
ウェズレイがドリブルで中央突破。そのままゴール前まで独走します。
DFやGKを引き付けておいて、ゴール前でフリーになっていた寿人にパス。
寿人が押し込み、2-0となりました。ウェズレイの凄さが垣間見れたシーンでした。

3点目もウェズレイでした。
右サイド駒ちゃんからのクロス。左サイドを上がっていた公太が潰されながらも中央へ落とし。
寿人がスルー(触ったかも?)でウェズレイへ。ダイレクトで冷静に決めてくれました!
この得点はサンフレッチェのホームJ1通算350ゴールだったようです。おめでとうございます~。

その後も広島が主導権を握ったまま試合が終了。
苦手だったマリノス相手に胸のすくような完勝を見せてくれました。

この試合は結果もそうですが、内容もすごくよかったような気がします。
選手全員が最後まで集中を切らすことなく、走りきってくれたと思います。
いや~、いい試合でした。こんな試合をスタジアムで見れると本当に幸せな気分になります。


この勝利でサンフレッチェ広島は勝ち点3を得ましたが、順位は変わらず15位のまま。
下位チームでは京都が負けたものの、セレッソとアビスパがそろって勝利。
う~ん、下位チームとの差を広げることができなかったか。残念。

次節、リーグ戦はお休みで天皇杯でのセレッソ戦となります。
今度はリーグ戦のお返しをキッチリしておきたいところです。
頑張れ、サンフレッチェ~!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック