[ナ予第6節] サンフレッチェ広島 1-0 ジェフ千葉 感想

結果サンフレッチェ広島 1-0 ジェフ千葉
得点者佐藤寿人(64)
日時2007年5月23日 19:00キックオフ
場所広島ビッグアーチ
入場者数4,450人

ビッグアーチで観てきました。祝・クラブ史上初のナビスコ杯予選突破!

広島ベンチのメンバーはGK木寺浩一、DF吉弘充志、DF槙野智章、MF高萩洋次郎、MF李漢宰、MF桑田慎一朗、FW平繁龍一。
スタメンは以下のメンバー。
GK下田崇
DF森崎和幸、戸田和幸、盛田剛平
MF駒野友一、柏木陽介、森崎浩司、高柳一誠、服部公太
FWウェズレイ、佐藤寿人

交代は77分に一誠→クワシン。
88分に柏木→槙野
の交代がありました。


広島はMF青山敏弘選手が出場停止だったので、ボランチには浩司が入って、前目のMFに一誠が入りました。
ジェフのほうはやはり怪我人が多く、結局MF佐藤勇人選手、MF羽生選手はベンチ入りすらせず。
あまり長引かないといいのですが。。。


前半は両チームともミスが多く、なんか、ぬる~い内容。
はっきり言ってプロっぽくない試合でした。つまらんかった。
ジェフのほうはメンバーが大きく欠けているのでしょうがないとしても、広島はほぼベストメンバーなのにあの出来は酷すぎると思いました。
この調子ではしょうもないミスから失点とかってパターンになりそうだと思いながら見てました。
しかしなんとかスコアレスドローで前半を折り返します。

後半は広島がややエンジンがかかってきたように思いました。
広島が前掛かりになるとジェフのカウンターも活きてくるので、前半よりは面白い展開になりました。
GKが前に出てるのを見て、FWウェズレイ選手が超ロングシュートを狙うなど珍しいシーンもありました。

得点はまさに広島のパターン。
左サイド公太のどんぴしゃクロスに寿人が飛び込んでゴール!
最近は公太のクロスっていうパターンは少なくなってた気がしてたんで、余計に嬉しかったです。

公太が持ったときに、下がり目にいたウェズレイに戻すかなと思ったのですが、さすが公太。
ここしかない、という最高のクロスが出ました~!公太えらい!

こうなるとジェフは2トップをそのまま入れ替えて点を取りにきました。
広島は押される時間帯が続きます。
GKがキャッチしても、速攻を狙ってスローするから、またすぐ取られて守備一辺倒な展開が続きます。
このへんはもうちょっと、ゆっくり回すとかすればええのにと思いました。

あとは広島がボールを運んで前線までいけたのに、また自陣まで戻して「どっちに攻めとんじゃ~」と野次も飛んでましたな。
個人的にはあそこはキープでいいと思う。つっかけて変なところで取られるよりよっぽどいいと思いました。
ジェフの猛攻は続きましたが、例によって幸運とGK下田選手のスーパーセーブでなんとか凌ぎきりました。

この勝利でサンフレッチェ広島は初のナビスコ杯予選突破となりました。
おめでとうございます~!


あと観客数はそれほど多くなかったのですが、今日のバックスタンドはすごくノリがよかった気がします。
寿人がたくさん煽ったのもあるのかもしれないけど、応援の手拍子やコールもいつもより大きかったし、いいプレーが出たらすごい拍手が大きかったと思いました。
またそんなサポーターに対してしっかり結果で応えてくれた選手たちにも拍手を贈りたいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック