[J第9節] サンフレッチェ広島 2-1 大宮アルディージャ 感想

結果サンフレッチェ広島 2-1 大宮アルディージャ
得点者小林慶行(40),佐藤寿人(42),駒野友一(89)
日時2007年5月3日 16:04キックオフ
場所広島ビッグアーチ
入場者数13,220人

ビッグアーチで観てきました。劇的なリーグ戦ホーム初勝利でした!

広島ベンチのメンバーはGK木寺浩一、DF盛田剛平、DF槙野智章、MF桑田慎一朗、MF高柳一誠、FW平繁龍一、FW前田俊介。
スタメンは以下のメンバー。
GK下田崇
DF森崎和幸、戸田和幸、ダバツ
MF駒野友一、柏木陽介、青山敏弘、森崎浩司、服部公太
FWウェズレイ、佐藤寿人

交代は後半になってから
55分ダバツ→盛田
62分に柏木→一誠、ウェズレイ→平繁
の交代がありました。

大宮のほうはMF小林大悟選手が不在でした。怪我したのかな?
あとはFWエニウトン選手は回復したのかベンチ入りしてました。(出場はありませんでした。)

この試合は大宮の気迫がすごかった。
「絶対に勝つんだ」という気持ちが全選手からみなぎっていたように感じられました。
その気迫に押されたのか、広島は立ち上がりから押されぎみでした。
広島としても前節の反省から立ち上がりから厳しく行きたかったと思いますが、大宮の気持ちが上回ったのかなという印象。

広島も多少は攻撃シーンも作れましたが、大勢は大宮という展開でした。
前半終了間際には左サイドから藤本選手がクロス。
DFのクリアミスで後ろにそれてしまったところにMF小林慶行選手に詰められて失点。
正直、今日の出来の大宮に先制取られたら厳しいのではないかとこの時点では思いました。

ところが、直後に広島が追いつきます。
右サイドから駒ちゃんのクロス。ここしかないというところに寿人が走りこんできてヘッドでゴールを決めました。
失点直後に追いつけたのは大きかったと思います。やっぱりこの2人は頼りになります!
このまま1-1で前半を終了しました。


後半も大宮の気持ちは途切れることがありませんでした。
玉際でもひとりひとりが強かった。あと主税と吉原選手が広島にとってはイヤだったな~。
吉原選手は早めに交代したら広島にとってはラッキーだったと思います。前半から痛そうにしてたもんな~。
広島はダリオが負傷。けっこう痛がってたしすぐ×サインがでたから、ちょっと心配です。

珍しくペドロビッチ監督が積極的に交代枠を使いました。
一誠、平繁が投入されます。
少しずつ広島の攻撃も出るようになったものの得点にはいたらず。公太のシュート打が何回かあったかな。

このままドローで終わるかと思った終了間際にドラマが待っていました。
大宮の攻撃をはね返したところで、こぼれ玉が駒ちゃんに出ました。
大宮はかなり前掛かりに来ていたので、駒ちゃんの前にはかなりスペースがありました。
駒ちゃんは自分でドリブルで持ち上がります。寿人と平繁がゴール前に開いて相手DFを引き付けました。
相手DFを切り返してかわしてシュート!
ポストに当たって跳ね返りましたが、そのボールがなんとまた駒ちゃんの前に。
今度はキッチリ押し込みました。

その後の大宮のキックオフ直後に試合終了となりました。
広島が2-1でリーグ戦ホーム初勝利を飾りました!


広島としてはあまり内容がよくなかった試合でしたが、劇的な逆転で勝利。
内容が良くても勝てない試合も多いしなぁ。。。う~ん、わからんもんです。
まっ、天気もよかったし、お客さんも多かったのでよかったかな。
今日の試合を見た人は、きっとすごく楽しめたと思います。
「また来よう」と思ってくれた人も少なくないんじゃないでしょうか。
次節はアウェーで大分戦。連戦まっただなかで、選手の疲労もピークだと思いますが、なんとか頑張ってほしいと思います。


逆に大宮はちょっとかわいそうでした。
この試合に関しては全員がよく頑張る、いいサッカーができていたと思います。
内容では大宮が上回っていただけに、勝ち点がほしかったところではないでしょうか。
決勝点が入ったときにはピッチに倒れこんでしまった選手が多かったので、この広島戦に賭けてるものが大きかったんだろうなと思いました。
今のところ結果が出ていないようですが、今日みたいなサッカーを続けていけば結果は必ず出ると思います。
大宮アルディージャにとっては今が踏ん張り時ということだと思います。主税、がんばれよ~!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック