[J第21節] サンフレッチェ広島 2-0 大分トリニータ 感想

結果サンフレッチェ広島 2-0 大分トリニータ
得点者服部公太(29),ウェズレイ(71)
日時2007年8月18日 18:05キックオフ
場所広島ビッグアーチ
入場者数10,402人

ビッグアーチで観てきました。やっと勝てた!

広島ベンチのメンバーはGK木寺浩一、DFストヤノフ、DF吉弘充志、DF入船和真、MF高萩洋次郎、FW田村祐基、FW平繁龍一。
スタメンは以下のメンバー。
GK下田崇
DF森崎和幸、戸田和幸、槙野智章
MF駒野友一、李漢宰、高柳一誠、桑田慎一朗、服部公太
FWウェズレイ、佐藤寿人

交代は70分にくわしん→洋次郎。
82分に漢宰→ストやん
の交代がありました。


MF柏木陽介選手の出場停止は事前に情報があったのですが、MF青山敏弘選手、MF森崎浩司選手の故障は知らなかったのでスタメンにはビックリでした。
青山選手は腰痛でU-22のほうも辞退したようです。残念ですが、ここでしっかり治しておくことが大事かなと思います。

代わりにスタメンに入った漢宰、一誠、くわしん、ですが、3人ともよかったと思います。
漢宰やくわしんがピッチを広く走り回り、一誠は守備でも頑張ってたし、ドリブルで上がってミドルを打つシーンもありました。
途中出場の洋次郎もなかなかよかったし、新加入のストヤノフ選手はMFで登場しました。
これは今までスタメンだった陽介、アオ、浩司もうかうかしてられなくなってきたんじゃないでしょうか。ポジション争いが激しくなりそうです。


さて試合のほうですが、試合開始から序盤~前半の中盤あたりまでは大分のペースだったように思います。
広島はここ最近の悪いパターン、ボールをある程度は持てて繋ぐんだけどフィニッシュの手前までしかいけないという感じでした。
大分は梅崎選手がアグレッシブにプレスをかけてきて、広島からすると嫌でした。

しかし、その時間帯を悪いなりにも無失点で耐えたのがこの試合のポイントになりました。
しばらくすると広島も落ち着いてきてチャンスの回数が増えていきます。

先制はCKのこぼれを寿人が落としたところに公太が上がってきて、ミドル。
一度はGKの手に当たったもののそのままゴールを割りました。低い弾道の素晴らしいミドルシュートでした。
そうそう、公太にはコレもあるんですわ。しばらく見てなかった気がします。これからはどんどん狙ってほしいと思います。
前半はこのまま1-0で終了しました。

大分は後半あたまからFW前田俊介選手を投入。おお~、相変わらずドリブルしちょる。
しかし後半に入っても前半のいい雰囲気のまま広島が大勢を握ってたように思います。

ウェズレイの幻のゴールは何故かファールで取り消されてしまいましたが、追加点も広島でした。
大分が前がかりになってきたところをカズがボールを奪取、ここから前線の寿人にロングパスが通りました。
寿人がちょこんとはたいてウェズレイがダイレクトで決めました。
これで2-0になりました。この得点は大きかったと思います。

このリードをしっかりと守りきり、2-0のまま試合を終了しました。


トリニータのほうが本調子でなかったのは確かにあると思うのですが、それを差し引いても広島の選手たちの頑張りが実った勝利だったと思います。
急遽スタメンに入った中盤の3人もよく頑張ってました。
あと個人的にはDF槙野選手がよかったと思いました。
本業のDFもアグレッシブに頑張ってましたし、チャンスを見るやドリブルで上がっていく積極性も発揮しました。
これは将来楽しみな選手になりそう。ミスターサンフレッチェは伊達じゃないかも。

今までスタメンに入れていなかった選手たちがしっかりとチャンスでアピールし、実績のあるストヤノフ選手も新加入。
活きのいい若手も日々成長しています。
5連敗を抜けだして今の広島にやっと追い風が吹いてきた感じでしょうか。
今後もこの勢いを大事に頑張っていってほしいと思います。

サンフレッチェ広島は今節の勝利で勝ち点25とし、12位になりました。
順位的にも勝ち点的にも降格争いからはちょっとだけ距離をおけたかなというポジションでしょうか。
次節はアウェーで横浜Mと対戦。
今のマリノスは強いので、広島の若い選手たちにはいい経験なるはず。
失うものは何も無いので正面から広島のサッカーで真っ向勝負していってほしいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック