[J第30節] サンフレッチェ広島 2-2 ジェフユナイテッド千葉 感想

結果サンフレッチェ広島 2-2 ジェフユナイテッド千葉
得点者佐藤寿人(31)、駒野友一(65)、新居辰基(89)、山岸智(89)
日時2007年10月27日 13:04キックオフ
場所広島ビッグアーチ
入場者数9,680人

ビッグアーチで観てきました。ラスト3分でこんなことになろうとは・・・。

広島ベンチのメンバーはGK木寺浩一、DFストヤノフ、DF吉弘充志、MF高萩洋次郎、MF李漢宰、MF高柳一誠、FW平繁龍一。
スタメンは以下のメンバー。
GK下田崇
DF森崎和幸、戸田和幸、槙野智章
MF駒野友一、森崎浩司、青山敏弘、柏木陽介、服部公太
FWウェズレイ、佐藤寿人

交代は50分に寿人→平繁
63分に陽介→ストヤノフ
89分にウェズレイ→吉弘
の交代がありました。


広島は前節の反省からか、今までやってきた攻撃的なサッカーに戻りました。
選手たちも気持ちが入ったプレーをしていました。
ビッグアーチの応援もいつもより力強い応援ができていたのではないかと思います。

先制は寿人!
ロングフィードを相手GK、DFと競り合い、見事に抜け出してゴールを決めてくれました。
久々の寿人のゴールで、ビッグアーチの雰囲気も高まりました。
その後もスコアは動かず、1-0のまま前半を終了しました。

後半に入り、追加点は駒ちゃんでした。
これまたロングフィードを受けてDFの裏に抜け出て、GKとの1対1を落ち着いてゴールを決めてくれました。
ビッグアーチもこれでいける、という雰囲気になったと思います。


こうなるとジェフのほうが積極的な選手交代で攻めに出てきました。
ここでうまく時間を使うことができたらよかったのですが。。。

試合終了間際にゴール前の混戦から新居選手に決められてしまいます。
それでもまた2-1とリードしているわけで、あとはロスタイムを凌げばよかっただけ、なのですが。。。
その直後また同じようにゴール前で混戦になったところから右サイドに出されて山岸選手に決められてあっというまに追いつかれてしまいました。

そしてそこからスコアは動かずこのまま試合終了。
一時は2点リードできていたのに、本当にもったいない試合でした。


大宮が横浜FCに勝ったため、大宮が15位、広島は16位と降格圏にきてしまいました。
状況は厳しくなってきましたが、なんとか残留にむけてチーム一丸となっていきたいところです。

サンフレッチェ、頑張れ~!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック