[J2第26節] サンフレッチェ広島 VS FC岐阜 感想

結果サンフレッチェ広島 4-0 FC岐阜
得点者盛田剛平(42),柏木陽介(44),佐藤寿人(48),森崎浩司(62)
日時2008年7月12日 18:04キックオフ
場所広島ビッグアーチ
入場者数9,952人

行ってきました、ビッグアーチ。
試合前に雨が降ったのですが、試合が始まってからはやんできました。
やはりビッグアーチに行くときはポンチョは必需品です。市内がどれだけ晴れていても油断はできませんな。

広島ベンチのメンバーはGK原裕太郎、DF結城耕造、MF高柳一誠、MF桑田慎一朗、FW久保竜彦。
スタメンは以下のメンバー。
GK佐藤昭大
DF槙野智章、森崎和幸、盛田剛平
MF李漢宰、柏木陽介、青山敏弘、森崎浩司、高萩洋次郎、服部公太
FW佐藤寿人

交代は52分に洋次郎→一誠
80分に浩司→くわしん
寿人→久保
の交代がありました。

この試合では熊本戦の反省からか、浩司をボランチに持ってきてましたな。

前半はなんとなく動きが少ない印象。やっぱり疲れがあるんかな~。
細かいところでミスが多く、パスがいつものように回りません。
岐阜にパスカットされる場面も多く、カウンターを食らうこともありました。
広島の攻撃もあるんだけど例によってなかなか決まりません。。。

スコアは動かなかったけど、これはヤバいと思っていました。
前半0-0で折り返して、後半岐阜がどんどんプレスに来るようになったら厳しいんじゃないかと思って見てました。
個人的にはこの試合はちょっと負けを覚悟してましたな。。。

・・・が、そんな心配をよそに試合は全く違う方向へ進んでいきました。
前半終了間際、広島のCKからの流れでゴール前の混戦のなか、盛田選手の強烈なシュート(足で)で先制点を奪いました。
さすが元FW。押さえの効いた(というか地面に叩きつけるような)いいシュートでした。
本人は試合後のヒーローインタビューで「結構テキトーですよ。」と謙遜してましたけど。

前半が終了するまでになんと追加点も入りました。
相手DFの裏に飛び出した洋次郎にパスが通り、そのまま独走。
自分で打つかな、と思ったら後ろから走ってきた陽介に戻しました。
あとは陽介が決めるだけって感じでしたな。これで2-0になりました。
前半はこのまま終了しました。

後半開始早々、公太のクロスが相手DFに止められたと思ったら、そのこぼれを寿人が叩き込み3-0に。
さすが寿人ですな~!
こうなるとさすがに安心して見ていられました。

最後は浩司がPKを決めて4-0に。
浩司は7月7日(!)にお子さんが産まれたそうです。おめでとうございます!
気がつけば大差で広島が勝利しました~。
後半に漢宰がどこか痛めたようなのが、ちょっと心配です。大したことないといいのですが。。。


序盤の展開を見ていたら、まさかこんな結果になるとは想像もできませんでした。
前半終了間際に2点取れたのが大きかったと思います。
後半に入っても変にゆるむことなく相手を圧倒できたのもよかった。

怪我人が多いなかでの連戦ということで広島にとっては非常に苦しい状況でしたが、ここを乗り越えたことはチームにとって大きな自信になりそうです。
次の試合までは一週間空くので、選手たちにはここで一旦リフレッシュして今後の上位陣との対戦に備えてほしいと思います。

サンフレッチェ、頑張れ~!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック