「ゲド戦記外伝」 アーシュラ・K.ル・グウィン 感想

ゲド戦記シリーズの外伝。5つの中編の物語と著者による「アースシー解説」が収録されています。

最初の物語は「カワウソ」。
時代設定はゲドの世代よりもかなり前の物語。ローク学院が作られる過程のお話でした。
主人公のカワウソくん、なんとなくキャラがゲドとカブります。

「ダークローズとダイヤモンド」
裕福な商売人の家に生まれ、音楽と魔法の才能を持つダイヤモンドくんの物語。
時代設定は詳細はわからんけど、少なくともローク学院が既に存在してるので「カワウソ」よりは随分の後の時代だと思われます。
魔法の才能を持つ人みんながみんな魔法の道に進むわけではないのね~。
ダイくんは魔法とは別に自分のやりたい道を見つけたわけですな。派手な冒険などはないものの、なかなかいい話だと思いました。

「地の骨」
時代設定はゲドたちよりちょっと前の時代。ゲドの師匠オジオンがまだ若かった頃の物語。
主人公はオジオンのお師匠さん&若かりし頃のオジオン。
物語のボリュームとしては少なめですが、その分引き締まった印象。
大地震をおさめるという荒業をやってのけた老魔法使いがカッコよかったです。

「湿原で」
時代設定はゲドが大賢人の頃。動物の疫病を治しにとある村にやってきた治療士の物語。
今作には大賢人ゲドも(少しだけ)登場しました。
一度は道をあやまった人間でも心を入れ替え、やり直すことができるということが言いたかったのかなと思います。
これもいい話だと思いました。

「トンボ」
時代設定はシリーズ4作目「帰還」のちょっと後くらいでしょうか。
元々は由緒ある家系だったが、今では相続争いなどでかなり廃れてしまった家に生まれた女の子が主人公。
その主人公のもとに自称ローク学院卒業間近の若い魔法使いのゾウゲくんがやってきます。
このゾウゲくんにそそのかされて、女性が入れないという掟のあるローク学院に潜入することを決意した主人公だったが。。。
この話はシリーズ5作目への架け橋的なストーリーだそうです。

「アースシー解説」
ゲド戦記シリーズの舞台であるアースシーを作者自らが詳しく解説しています。
もちろん架空の地名なんですが、なかなか細かいことまで考えてあるんだなぁと思いました。
この解説を読んでからシリーズを読み直してみるのも面白いかも。


これでゲド戦記シリーズもあと1冊を残すだけとなりました。
どんな結末が待っているのか、楽しみです。
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ゲド戦記 外伝

    Excerpt: 「牛たちはわたしがどうすればいいか教えてくれるんです。」イリオスは言った。「わたしが誰であるかも。彼らはわたしの名まえを知ってるん�... Weblog: 読書好きの読書好きによる読書嫌いの為のページ racked: 2009-02-15 04:42