ぽんた、祖父母にあやされる

昨日嫁さんが所用があったので、助っ人にだいすけの両親が来てくれました。

嫁さんの出発前はぽんたはおとなしかったのですが、もちろんそのままで一日が終わるわけもなく・・・。
なかなかのハッスルぶりを発揮してくれました。

こんなとき、さすがだなと思うのが両親の子育ての経験でした。
グズってるときもおばあちゃんに抱かれるとおとなしくなって寝始めたりとかね。さすがでした。

まだ「だいすけが赤ちゃんだったときは・・・」みたいな話も聞けて、あらためて親とは偉大なものだな~と実感。
いや~、いくつになっても親というものはありがたいものですな。

だいすけの両親も孫と一緒いれたし、嫁さんもリフレッシュできたようでなによりでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年10月19日 23:38
お久しぶりでーす。
ぽんたちゃん 元気ですかー
もう 生活リズムもついて来た頃かしら

子育ての経験者 ご両親がいらしてくれて
助かりましたね。
私もなんですが お孫ちゃんを通して子供達の赤ちゃんの事を思い出しています。

奥様もリフレッシュ出来て良かったですね。
育児は かなりのエネルギー消耗しますから
ご両親に感謝ですね。
2008年10月20日 21:02
ピピたんさん、コメントありがとうございます。

いや~、ホントに両親が来てくれて助かりました。
僕ひとりだけだったら、どうなっていたことか。

また母親の大変さも少しだけ実感できたような気がします。

この記事へのトラックバック