「なぜ社員はやる気をなくしているのか」 柴田昌治 感想

閉塞感がただよっている現在の社会のなかで、どうやったら生き生きとした職場に変革することができるかといったことが書いてありました。

たしかに嫌々「やらされている」仕事をこなすよりは、自発的に取り組んだほうが成果が出るのは当たり前の話で。
誰もがそういう環境が望ましいことはわかってるとは思うのですが、しかし実際にはそんな職場とは正反対の状況に陥ってしまうことが多いのではないでしょうか。

この本読んでまさに自分の職場そのまんまという印象を受けました。
もちろん誰もがこのままでいいと思っているわけではないのでしょうが。。。

変革、できることなら見てみたいもんですな。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック