「ホームレス中学生」 田村裕 感想

有名な芸人さんの本です。個人的には芸人さんとしての著者を全く知らないので、先入観もなく読めました。
ストーリーは、著者が中学生のときに父親の借金で自宅が差し押さえられ、住めなくなってしまう。
兄姉たちの足手まといになりたくないと考えた著者はひとり公園で生活することになり・・・。
みたいな感じ。中学生時代から芸人さんになるまでの生い立ちが書かれていました。

実話らしいです。いや~、すごい体験ですな。
この本を読んで思ったのは著者が周りの人達の助けがあってこそ今の自分があると考え、感謝の心を忘れていないこと。
あと、こんな辛い経験をしているのに誰かのせいにしたり、誰かを恨んだりしないところも素晴らしいと思いました。

こういう経験をしてるとたぶん少々のことでは動じなくなるだろうし、人間のスケールが大きくなりそうな気がします。
他人からするとけっこう悲惨な話のような気がするのですが、作品の雰囲気は全体的に明るい感じなのも好感がもてました。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック