「精霊の守り人」 上橋菜穂子 感想

ファンタジーです。アニメ(?)にもなっているそうですが、それは見ていない状態でこの本を読みました。
舞台は新ヨゴ皇国。偶然この国の第二皇子チャグムを助けた用心棒のバルサ。
チャグムは水の精霊の卵を産み付けられ、それを恐れた父帝から命を狙われているという。
バルサはチャグムの母、二ノ妃からチャグムを連れて逃げること依頼されるのだが・・・。
みたいなストーリー。

面白かった!
普通に冒険もののファンタジーとしての面白さはもちろん多いにあるのですが、それ以外の要素も素晴らしいと思いました。
例えば登場人物たちが魅力的。主人公たちも最初からメチャメチャ強いわけではなく、それぞれ人として弱い面も垣間見せてくれます。
特にチャグムくんが「なんで自分だけこんなめに」とヘソを曲げたときなんかは、皇子だって一人の人間なのだということを考えさせられ親近感が沸きました。
また作中では凄腕の用心棒バルサでさえも、かつては同じような経験をしていたというエピソードもよかったです。

またファンタジーにありがちな「なんでもかんでも昔からの伝承が正しい」みたいな感じがなかったのは新鮮でした。
むしろ伝承や言い伝えがその時々の支配者によって都合がいいように変えられていくというのは、むしろ現実の社会に近いものがあるような気がしました。
またサグとナユル(だったかな?)という二つの世界が同時に同じ場所に存在しているという世界観もユニークな設定だと思います。

この作品はシリーズものだそうです。
またまた続きが気になるシリーズに出会ってしまいました。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック