「(図解雑学)三国志演義」 渡邉義浩 感想

三国志、好きなんです。
最初はファミコン(!)のゲームから入ったんですが、小説とかマンガとか読むようになりました。

一般に「三国志」という場合、「三国志演義」のことを指すことが多いようです。
この「三国志演義」というのは正史ではなくてあくまでも小説なんだそうです。
んで、この本はその「三国志演義」について色々な視点から解説をしている本です。

演義ではこうなっていますが史実ではこうだったみたいなエピソードも紹介されており、なかなか興味深く読めました。
ゲームから入って三国志の世界に興味を持ったような人が、「演義」を読む前に読んでみるのもアリかなと思う本でした。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック