「読んでナットク! やさしい楽典入門」 大嶋大輔 感想

大昔バンドをやってたことがあって、その頃はタブ譜(どの弦のどのフレットを押さえたらいいか書いてあるヤツ)が無いと何もできない人でした。
今は歳をとりおっさんになったのでバンドこそやってないのですが、音楽理論の入門書をたま~に読んだりしています。
なかなか理解できなくて途中で投げ出すことが多いのですが。。。
そんななか、この本も全てを理解できることはないだろうと思いつつも読んでみました。

このテの本は目指しているところはおそらく同じところなんだけど、そこに行き着く過程がその本(著者)によって様々。
ある本では懇切丁寧に説明してあるところが、違う本ではサラっと流されていたりとか。
同じことを説明するにしても、また別の視点からの解説があったりとか。

個人的には他の本では行き詰ってた部分があったのですが、この本ではその部分がなんとなく掴めてきたような気になれました。
軽い気持ちで手に取った本でしたが、視点が変わったことがよかったのかもしれません。


この本自体に限っていうとボリュームも少なめでササっと読めたうえに、内容も難易度も個人的にはちょうどいいところだったかな。
また所々軽めに練習問題があって、それもよかったと思いました。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック