「シュガー社員が会社を溶かす」 田北百樹子 感想

「シュガー社員」とは社会人としての自覚や責任感が乏しく仕事ができないのに、自分勝手で自分の権利はしっかり主張する社員のこと。
そんなシュガー社員たちをいくつかのタイプに分類しながら事例を紹介しています。
経営者や上司など会社側にむけて、シュガー社員の対応法をアドバイスするというスタンスみたいでした。

いくらなんでもこんな人は滅多にいないだろう、みたいな極端な事例もあったけど、程度の差こそあれ会社に対する忠誠心みたいなものは昔と比べるとどんどん低下してるんじゃないかという気はしますな。

本書は"会社はシュガー社員を面接の段階で見つけ出し、採用しないように気をつけましょう"的なスタンス。
まぁ、会社の経営者や上司向けの本だと思うのでそれはしょうがないんだろうけど。
個人的には何故シュガー社員が増えてきているか、それに対して政治的や社会的な問題はなかったのか的な見方もあったほうが嬉しかったかな~。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • シュガー社員 田北百樹子

    Excerpt: 「シュガー社員が会社を溶かす」 田北百樹子 感想シュガー社員 田北百樹子シュガー社員そして!! Weblog: 遊戯王gxタッグフォース チートコード racked: 2009-05-24 23:52