「コンビニ・ララバイ」 池永陽 感想

とあるコンビニを舞台にした短編のオムニバス集みたいな感じでした。
コンビニ「ミユキマート」の店長幹郎が一応本作のメインの(?)主人公。
子供と妻を相次いで亡くしてしまい、失望の中で商売に熱意が持てないでいる。
万引きを目撃しても見てみぬ振りをする、ちょっとお人よしな店長と個性的な客たちのエピソードでした。

各エピソードの主人公にはヤクザやホームレス、高校生やお年寄りのカップルなど幅広くなっていました。
ボリュームも控えめなのでサラサラっと読めました。

個人的にはその後どうなったのか、気になるエピソードがいくつかありました。
続編ってあるのかな~?
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック