「ロト6で3億2千万円当てた男の悲劇」 久慈六郎 感想

ネットで見かけた記事に紹介されていたので読んでみました。
実際にロト6で大金が当たった人のブログをまとめた本でした。
テレビドラマにもなったそうですが、それは見ていない状態で読みました。

いざ突然大金を手にしてしまうと人って何に使っていいかわからなくなるものなんだろうな、と思いました。
著者の場合は株で多額の損をしているのですが、「そもそも3億あればわざわざリスクをとって株をする必要がないのではないか」と思ってしまうだいすけはつくづく所詮庶民感覚なのだと思います。

著者は当選前から勤務している会社を辞めなかったのは正解だったのかなと思いましたが、あれだけ休みまくってクビにならない会社もすごいなと変なところで感心してしまいました。


だいすけはロト6はやりませんが、totoを時々やっています。
toto当たったら、どうしよっかな~。
などとと思い続けていますが、いまだに当たる気配は見えてきません。。。。




画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック